読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼は悪くない

彼とは私の職場の後輩(新人)。

少し鈍臭い面もあるが、仕事は一生懸命であり、何より素直な性格なので、皆から可愛いがられる。勿論、私も彼が好き。

昨年末の職場での納会で事件は起きた。

お酒の力もあり、気も緩んだ所もあったのだと思う。盛り上げるべく動いた彼は徐々に記憶を失くし、酔い潰れるはめに。

私からすれば、毎年恒例である新人のあるあるネタであり、逆に「よっ、よくやった!」と言ってやりたいのだが、事態は急変。

その態度(酔っぱらい)、言動(先輩にタメ口)にブチ切れた人間(若手)が人事部へ、動画とともに通報する騒ぎに。酩酊状態の彼が放った言葉が、特定の人物(若手)を傷つけてしまったのだ。

事は大きくなり、彼は始末書を書くことなった。年に一度の年末納会は無礼講中の無礼講。別に大目に見てやれよと思う半面、人(若手)を傷つけたのも事実であり、次からは気を付けろよとも思っていた。

後日、被害者?通報者?である彼(若手)が、複数の若手女性社員に当日の様子を録画した動画を見せびらかしていたとの情報が得られた。

「こいつ、やばかったんだぜ」的な。その瞬間、ちーん。悪寒がとまらない。それをネタに被害者面してコミュニケーションを図ろうと、裏でこそこそ動いていたということだ。

ネタにするなら、もっと大々的に面白くしてイジれよ。自分のメリット(女の子とこのネタをアテにイチャつきたい)だけを考えるなよ。おじさん悲しいよ。

彼がどういう目的でこの行動に移したのかは分からない(何となく分かるが)が、一つ言えること。それは、彼は悪くない。