読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J1第4節磐田戦寸評

f:id:NoSubstitute:20170320114020j:plain

開幕4連勝。下位相手とは言え、素晴らしいのではないでしょうか。これからチーム戦術が熟成されていく過程で、取りこぼしなく星を拾えているのは、すごく大きい。

この試合のMOMはニウトン。勿論、2試合連続決勝ゴールの大森も文句無しだが、この試合に関しては、中盤を制圧していた彼の存在が大きい。特にマイボールを奪われないので、中盤のボール回しに安定感を産み出している。守備に関しても読みが素晴らしく、フィジカル負けしないので見ていて安心。今日の磐田戦みたいに、相手の攻撃がやや淡白だったことにも助けられたかもしれないが。ニウトンはアジリティに劣る点はあるので、次節浦和戦で想定される、人もボールも動く連動した攻撃について行けるかが鍵となるでしょう。

巷ではFWにゴールがない事を憂慮しているようだが、個人的には気にしてない。渡辺千真はトップに入った事で相手マークも厳しくなっているが、川又とは比較にならないほどボールキープに安定感はあるし、2列目の大森が前を向いてゴールが奪えている。昨年も渡辺は2列目で前を向いた状態でゴールを奪えていたことを考えると、今はフォアザチームで戦えている。シュートまでいけているし、いずれ量産してくれるはずだ。

あと2トップの相方はウェスクレーとのコンビの方が現状合うね。ファンの人はよく分かってらっしゃる。