読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴィッセル神戸

今年は期待持てます。

このフレーズ毎年言ってるような。

キャンプインを前に私的サカつくをやってみた。


①4-2-3-1

f:id:NoSubstitute:20170124133710j:plain

激戦区のサイドはユース出身小林成豪をチョイス。彼の仕掛けるプレー好きなんですよね。

前年の基本フォーメーションをベースにしているので、大崩れはないことを期待。個人的にはレアンドロは2トップが活きると思っているので、千真orTJと組ませるのもアリ。いずれにしろ、レアンドロの孤立を避けるために近くにサポートできる攻撃的プレーヤーの配置が必要でしょう。


②3-5-2

f:id:NoSubstitute:20170124134645j:plain

実験的フォーメーションです。

カバーリング能力と戦術眼に秀でている秀人をリベロに、圧倒的な走力を誇りディフェンスも厭わない慶治朗をWBに配置しました(左足精度は無視)。

アゲインストの展開においては、秀人を一列上げて4バック(2バック?)にシフト。藤田OUTで前線と有機的に絡める中坂をIN。

これどうでしょう?面白いと思うんだけどな。

ポドルスキが来てくれたら、残念だかレアンドロはベンチ外になるのか?

いずれにしても楽しみしかない。